雑記

麺はこってり感想はあっさり。

らぁめん大山 水戸店

f:id:kirsch-jug:20210425175825j:image

水戸のらーめん たいざんにきました。

水戸駅から歩いてすぐ、南口の駅ビルの4階にあります。補給スポットは各種、駅のNewdaysが1番無難かも。

 

大麺 豚Wをプッシュ。

 

変なルールは特にありません。食券買って入店する感じ。

コールの概念は存在しなさそう。店員さんによって通ったり通らなかったりするパターンかもしれません。ニンニクは提供後でも店員さんに言えば出てきます。

 

f:id:kirsch-jug:20210425180225j:image

らぁめん大山 水戸店 / 大麺 豚W

 

スープは乳化度高め、甘めで豚エキス強めの優しいやつ。塩味はほどほどでつい飲んじゃいますね。ニンニクがやや辛めで加えると一気に雰囲気変わって美味しい。

 

ヤサイはややシャキで水分多め、キャベツ率高め。ついついスープが進むやつ。

量はそんなに多くなく、店前の写真と比べるとややインパクトに欠けるかも。大昔に食べた時にはヤサイ多めって言って通ったんですけどね。

 

豚は繊維質、素材の味強めで程よいカエシ感でサクサク食べられて美味しい。豚増しにすると6枚入ってきます。量的には豚Wにしないと2枚でちょっと物足りないかも。値段のことは考えちゃいけないやつです。

 

f:id:kirsch-jug:20210425181540j:image

というわけで麺です。

平打ちの麺はややウェーブかかっていて硬めのパツとした食感。宅麺の大山と比べてはいけないやつかも。生卵との相性が良さそうな自分好みの香り、生卵ないんですけどね。

麺量は250gぐらいでしょうか。少なそうに見えて意外と多いです。

 

 

美味でございました。

 

スープの雰囲気は結構すき。駅ビルのクオリティではないホスピタリティの高さで何度も食べに来ています。値段はどう考えても駅ビル価格だけど競合の具合を考えると仕方ないかもしれません。