雑記

麺はこってり感想はあっさり。

ラーメン豚39 大井町

f:id:kirsch-jug:20210801130543j:image

大井町のラーメン豚39にきました。

 

大井町駅から歩いて5分ちょい、西口方面から出ると近いかと思います。途中に冷房がめっちゃ効いてるセブンがあるので補給はそこかなと。

 

ラーメン豚1枚と生卵をプッシュ。

 

先に食券を購入したら券売機上のオーダーシートにお好みを記入して店主に渡して並ぶのがルール。ネギがコールできるのは珍しく、麺少なめはグラム単位で指定できるような雰囲気です。

店内3席、待ち列形成は日陰の具合で道の反対側になったりもするみたい。

 

f:id:kirsch-jug:20210801131301j:image

ラーメン豚39 / ラーメン豚1枚 + 生卵
ニンニクネギ

 

スープは微乳化、かなりライトであっさりめ。こういうお店によく来る人はカラメコールは必須かも。卓上のタレは蓋を開けた瞬間から香るニンニクで嬉しくなっちゃった。塩味がキツくないのでヤサイにかけても麺にかけても美味しい、食後のニンニク臭がとんでもなくなっちゃうのでやり過ぎには注意。

 

ヤサイはシャキシャキ、デフォでも量多め。キャベツの芯の歯ごたえを楽しめるもの。アブラは味ついてないタイプ、普通でオーダーしても上からかかります。卓上のタレでほどほどに食べ進めたら天地しちゃった方がいいかもしれません。

 

ブタは繊維質でギュチギュチのツナみを感じるもの。ブタ増しはしなくてもいいかもしれませんね。

 

f:id:kirsch-jug:20210801132520j:image

というわけで麺です。

うどんかきしめんかというくらい太くて平打ちの麺は程よい茹で加減、硬めもできるそうです。生卵との相性はそこまでなのであってもなくても。

麺量は250g、見た目のインパクトとヤサイの量もあり体感はもう少し多め。満腹度的には300gはないです。

 

余談ですが生卵に卓上のタレを加えるとめちゃくちゃ美味しかったです。卵かけご飯にして食べたい。

 

 

ごちそうさまでした。

 

エアコンは一応あるけど効きが弱くてその上アクリル板で風通しも悪くてサウナかと。奥の席を引けたら当たり、真ん中の席でも汗だく、入り口側の席はたぶん地獄。店内3席で総入れ替え制、回転もめちゃくちゃ悪いので地元民でもなければ真夏の昼間は避けた方が無難です。

自家製麺 酉


f:id:kirsch-jug:20210730081842j:image

自家製麺 酉にきました。

 

横浜駅から歩いて5分かからないくらい。とはいえ横浜駅は令和のサグラダ・ファミリア的なところがあるので迷うと悲惨かも。みなみ東口から直結なのでご参考までに。

 

鶏増しラーメンと他にいろいろプッシュ。

 

食券を買ってから並ぶようなルール。オペレーションを見た感じロット制ではなく、またお客さんもそこまで鍛えられていない印象でした。コールは提供直前、ヤサイマシ、アブラマシは課金制なのでご注意ください。

 


f:id:kirsch-jug:20210730082320j:image

自家製麺 酉 / 鶏増しラーメン + 生たまご + 特製あぶら(生姜入) + 刻みたまねぎ

にんにくちょい野菜

 

あぶらは課金したのでコールしなくても入りました。特製あぶらは生姜入り、なんかこう唐揚げ的ニュアンスの香りを感じて嬉しくなりますね。ヤサイをつけたり麺をつけたり、課金するといろいろと楽しめました。

 

スープは乳化度高め、いい意味で結構ライト。表面のアブラは鶏油なのか序盤は家系っぽい印象を感じました。ニンニクは辛めで一気に雰囲気変わって美味しいもの。少なめコールでも良かったかもしれません。

 

ヤサイはシャキめ、ちょい野菜でコールしたけど十分な満足度。卓上のカエシは醤油感強め、ヤサイを食べ進めるための天地返しは割とアリかもしれません。

 

トリは胸肉、しっとりとして柔らかいまさに神鶏。スープに浸しながら食べるとなお美味しいもの。脂身なんて概念はないけど淡白な味わいなので程々に食べ進めたほうが良さそうです。わりとパクパクだったので鶏増しは正解。

 


f:id:kirsch-jug:20210730083210j:image

というわけで麺です。

密度高めでムチムチとした麺は自家製麺ということで。香りがもう美味しくて嬉しくなりますね。食感的にはまぜそばにしても美味しそう。生たまご、特製あぶらにつけて食べてたら割と一瞬、麺量250gは体感だとちょっと少ないかもしれません。

 

 

美味でございました。

 

経営母体はどうやら"あの"とりビアーのようで。トリがめちゃくちゃ美味いのはわかるんだけど麺も美味しく全体的な完成度も高くて良かったです。どうやら2号店もできるそうで、いやこれは行くしかないなあ…

らーめん ぽっぽっ屋 水道橋店

f:id:kirsch-jug:20210728011840j:image

らーめん ぽっぽっ屋 水道橋店にきました。

 

水道橋駅から歩いて5分かからないくらい、東口から東京ドームの反対側のエリアです。

 

らーめんと生たまごをプッシュ。

 

たまたま店内0人、店主がぼんやりテレビを見ているところでの訪問。コールは提供直前。なんか色々コールできるので座席の貼り紙は要チェックです。

 


f:id:kirsch-jug:20210728012250j:image

らーめん ぽっぽっ屋 水道橋店 / らーめん + 生たまご

野菜玉ねぎ背脂ニンニク

 

ヤサイはかなりクタめ、コールしたら見た目よりは多め。ニンニクアブラが上にかかっていてそのままでもめちゃくちゃ進む美味しいもの。コールしなかったけどカラメもかかってそうな味わい。

 

スープは非乳化、背脂コールはカタマリアブラかな〜と思ってたけど油膜厚め。カエシの塩味キリリとしていて美味しく、アブラも加わってなんだかんだで結構飲んじゃうもの。

 

ブタは厚みも存在感も薄め。脂身多めだなあと思ってたら気付いたらなくなってました。豚増しはちょっともったいないかも。

 


f:id:kirsch-jug:20210728012843j:image

というわけで麺です。

店前に製麺所の箱が置いてあるとバイアスがかかってしまうのでよくないですね。生たまごとの相性はあまり良くないタイプの小麦感とつけ麺にしてもまぜそばにしてもいけるタイプのグニグニとした食感。

麺量は200gくらいでしょうか。生たまごはスープを加えて飲むと堪らなくうまいもの。

 

 

ごちそうさまでした。

 

立地的には全然アリ。なんかこう野球帰りとか鉄火場帰りとか遊園地帰りとか、そういう非日常感が高まってるときに行きたいお店かも。思い出はニンニクの香りとともに…。

らーめん 松信 志村坂上駅前店

f:id:kirsch-jug:20210724141924j:image

らーめん 松信 志村坂上駅前店にきました。

 

都営三田線志村坂上駅から歩いて数分、A1出口側の改札を出ると近いです。お店の手前にコンビニがあるので補給には困らないはず…

 

らーめん 普通盛りをプッシュ。

 

店内で待てるほど広くないので外で待つのがルール。夏は特につらそう。食券は入店時、コールは提供直前に聞かれます。

 


f:id:kirsch-jug:20210724142310j:image

らーめん 松信 志村坂上駅前店 / らーめん 普通盛り

ニンニクアブラ

 

ヤサイはシャキめ、レンゲがないしアブラにも味ついていないのでカラメコールしても良さそう。野菜マシは100円、デフォでも少ないことはないので心配ご無用。

 

スープは微乳化、ブタエキスしっかり目のオーソドックスに美味しいもの。終盤辛めのニンニク溶けてやっぱり無難に美味しく、レンゲがあったら相当飲んでたと思います。

 

ブタは脂身多めの薄めのもの。カエシが程よくしみていて美味しい。デフォだと2枚、チャーシューメンだと6枚入るみたいです。脂身多めなので6枚はいらないかなあ。

 


f:id:kirsch-jug:20210724143617j:image

というわけで麺です。

ウェーブ強めの平打ちな麺は一口目がもう美味しくて嬉しくなっちゃった。やや硬めのポキポキ系の食感、生卵との相性がめちゃくちゃいいタイプの香りをしているだけに生卵がないのは残念。

麺量は普通盛りで250g,体感でもそれぐらい。麺少なめ、半分が券売機から選べるのもいいですね。

 

 

美味でございました。

 

オーソドックスに美味しくてそんなに混んでないので近くに住んでたらここでいいや感。宅配のアレで汁なしをやってるみたいなので近くに住んでたら頼む選択肢は大アリ。

らーめん 影武者 本館


f:id:kirsch-jug:20210723183010j:image

らーめん 影武者 本館にきました。

 

秋葉原駅から歩いて5分ちょい、末広町駅からも同じぐらい。

この周辺の飯屋はアキバの中ではまあまあ当たりな印象。サンボだったり雁川だったり、少なくとも中央通り沿いの店に入るよりはハズレは引かない印象です。

 

ネギ冷やしをプッシュ。こういう系統で冷やしのラーメンは一度食べておきたいなと。

 


f:id:kirsch-jug:20210723183730j:image

らーめん 影武者 本館 / ネギ冷やし

ニンニクアブラ

 

ヤサイはシャキめ、冷たくてサラダみたいな印象。ラー油纏ったネギとアブラは安定の美味しさでヤサイが進みますね。ネギが多めで見た目ほどヤサイは多くなかったのでコールしても良かったかなーとか。

 

スープは微乳化、酸味強め。汁なしとか油そば的なジャンルではなくてしっかりスープが入っていました。梅みたいなニュアンスを感じたのは気のせいではないはず…。表面に細かいアブラが浮いていても割とサッパリ食べられますね。ニンニクはなくても美味しいタイプだけどあったほうがそれっぽい感じ。

 

ブタは細切れのもの。繊維質で柔らかくカエシ染みて美味しい。冷やしだけどブタはやや温かくてなるほどなあと感じました。


f:id:kirsch-jug:20210723184656j:image

というわけで麺です。

この系では結構細め、水で締められていて弾力強め。スープの酸味とアブラ纏って冷やし中華的ニュアンスとはまた別の新しさを感じますね。生卵は頼まなかったけど香りの質的にそんなに相性はよくなさそうです。

 

麺量は多分250gないくらい?ラー油ネギの辛さ、タマネギのシャキ感で割と一瞬。満腹度的にもまあ200かそれくらいかなぁとか。

 

 

美味でございました。

 

なんというかこう、冷やし中華の延長として全然アリなタイプ。味のつくり的にまあハズレない感じだし暑い夏ならではの味わいですね。

麺屋 昇輝

f:id:kirsch-jug:20210721194353j:image
麺屋 昇輝にきました。

 

目黒駅西口から歩いて5分くらい、入り口は通りの裏側。ラーメン好きなら1度は通った道かもしれません。店内で黒烏龍茶が買えるのいいですね。

 

小ラーメンと肉かすアブラと生卵をプッシュ。

 

コールは食券提出時に。ヤサイニンニクアブラネギがコールできました。カラメは卓上に置いてあるパターンです。
f:id:kirsch-jug:20210721194901j:image
ジ ロ ウ タ レ ー

 


f:id:kirsch-jug:20210721195043j:image

麺屋 昇輝 / 小ラーメン + 肉かすアブラ + 生卵

ヤサイニンニクネギ

 

スープは微乳化、ブタエキス程々で飲みやすいもの。ジロウタレーはなんかこう餃子のタレみたいな印象を受けました。ヤサイ食べるにも麺を食べるにも非常にお世話になるかと思います。

 

ヤサイはシャキめ、なんかこう表面乾いてるとちょっと残念。ご家庭のもやし味が強め、初手天地するとただでさえ薄いスープがさらに薄まってしまうので微妙。肉かすアブラは絶妙な味付けで美味しいのでアブラコールするなら課金する選択肢は全然アリ。何ならダブルにしてもいいかもしれません。

 

ブタは見た目通り。繊維質でギュチとした食感、味染みも微妙でなんというかスカスカな印象を受けるもの。小ラーメンの2枚でも微妙なので小豚は修行僧向け。1枚でいいやって感じ。

 


f:id:kirsch-jug:20210721200827j:image

というわけで麺です。

パツパツとした弾力が特徴的な麺は台湾まぜそばにした方が美味しそうな印象。生卵との相性も別段いいわけでもないので難しいですね。

麺量は小で200g,200でも体感多め。全体的に単調な味なので中の300gは厳しい戦いになりそうです。

 

 

ごちそうさまでした。

 

冷静になって台湾まぜそばが正解。どうアレしてもそうそうはずれないという意味で。立地的にここでこれやる?感は否めないし、例の本家に並べるタイプの人向けの店ではなさそう。自分的にはどういう謳い文句が付いたとしても再訪はないです。

ラーメン英二


f:id:kirsch-jug:20210717125731j:image

府中のラーメン英二にきました。

 

最寄りは武蔵野線北府中駅から歩いて10分かからないくらい、京王線府中駅からも15分くらいなので選択肢。武蔵野線の乗換時間を考えると国分寺駅から近くまで路線バスという手も。今日みたいに暑い日にはバスで涼みながらが丁度いいかもしれません。

 

ラーメン(豚1枚)と刻み生姜と生たまごをプッシュ。

 

先に食券を買ってから列に並ぶ感じなルール。外待ちの列に店員さんが麺量確認に来ることもあるので少なめはこのときに。

店内待ちはあったりなかったり。ロットのあれで外待ちから直接カウンター席に案内されることもあるかもしれません。

 


f:id:kirsch-jug:20210717130339j:image

ラーメン英二 / ラーメン(豚1枚) + 刻み生姜 + 生たまご

ニンニクアブラ

 

アブラコールは別皿できました。やや甘めの味付けで美味しくヤサイが進む美味しいやつ。ヤサイはシャキめ、量的にはコールしないとそこまで多くないのでアブラうめー!ってしてたら一瞬でした。

 

スープは微乳化、ブタエキスの甘さが特徴的なややヘビーで美味しいもの。ニンニクが辛めで一気に雰囲気変わっていいですね。終盤は刻み生姜を投入して楽しみました。

 


f:id:kirsch-jug:20210717131220j:image

というわけで麺です。

極太でウェーブ強めの麺は見た目の印象通りかなり硬めのバキボキとした食感。啜るのは諦めたほうがいいかもしれません。

別皿アブラの残りをべーってやったり、生たまごにつけたり、刻み生姜がやたら多いなあと思いながら麺にまぶしたり、食べてみると意外と一瞬。

券売機横の貼り紙には麺量約350gってあるけど体感だと300gないかもしれません。普段何気なく300gを食べられる方なら少なめにしなくても行けるかと思います。

 

ブタは繊維質、柔らかめでデカいやつ。所謂神豚、1枚にしても十分な満足度。

麺量350gでビビって1枚にしたのは正解かも。

 

 

美味でございました。

 

気づいたら○年ぶり2回目の訪問。前回来たのが昔過ぎてあんまり覚えてないけどバキボキ麺は人気ありそう。

店前の自転車の多さからも地元民からの支持の高さが伺えますね。