雑記

麺はこってり感想はあっさり。リングフィット世界記録保持者がラーメンを食べるだけのブログです。

蓮爾 新町一丁目店

f:id:kirsch-jug:20210407193133j:image

蓮爾 新町一丁目店にきました。はすみ、と読むみたいですね。

 

駒沢大学駅から歩いて15分くらい、桜新町駅から来ても多分同じくらい。

補給スポットは通り沿いにコンビニがたくさんあったのでお好みで。

国道沿いにあるけど特に看板とか屋号がデカデカとしているタイプじゃないので油断すると通り過ぎそう。僕はスマホGoogleマップを見ながら歩いていたら通り過ぎそうになって、フッと身に覚えのある香りに顔を上げたらそこが蓮爾でした。なんかロマンチックですね。

 

並びのルールは貼り紙があるけど今にも剥がれそうなので…

店内待ちが5人、残りは外に並びましょう。店内待ちが空いたら入店して食券を買う感じ。券売機も初見殺し感満載なので左上の紙をよく読みましょう。小ラーメンは③です。麺量確認あるので少なめヤワメはこの時に。硬めは出来なさそうな雰囲気。

コールは提供直前に。席の順に聞かれるとは限らないのでスマホから目を離して待ちましょう。

 

f:id:kirsch-jug:20210407194500j:image

蓮爾 新町一丁目店 / 小ラーメン

ニンニクアブラ

 

スープは乳化度高め、粘度高め。塩味とブタエキスの具合がちょうどよく、一口飲んだら美味すぎて嬉しくなっちゃった。終盤は鰹節の風味も加わって結構飲んじゃいました。

 

ヤサイはシャキシャキ、アブラコールしたら味付きのやつがかかって嬉しくなりました。

量はコールしないとかなり少なく、周り見てもヤサイコールしてる人が多かったです。

 

豚は神豚。脂身多めのトロットロのやつ。カエシ染みててうめえ。量的には増さなくてちょうどいいかも。

 

f:id:kirsch-jug:20210407195341j:image

というわけで麺です。

実は初めての蓮爾、バキボキとかガチゴキとか評される極太麺はかなり硬めの茹で加減、啜るのは諦めたほうが良さそう。よく噛むと拡がる味と香りはいつもの自分好みのもの。スープ、ニンニク、最後の鰹節までモゴ…モゴ…と楽しんだ。

麺量は370g、数字に圧倒されてたけどスープを全然吸わないのでいざ食べてみると体感300gくらい。二郎系の300gが普通に食べられるなら変に少なめにしなくてもいけるのでは?

 

 

美味でございました。

 

麺だけじゃなくてスープも強かった蓮爾、次行くなら麺ヤワメはマストかも。なんというかこう好きなタイプではないんだけど味は好みなやつなんですよね。

誰も教えてくれない馬券のこと

ウマ娘の世界には馬券の概念はないので誰も馬券のことなんて教えてくれないし、競馬場に行っても教えてくれるのは馬券の"買い方"だけ、この記事ではデアリングタクト銀行、コントレイル銀行が破綻して有り金全部溶かしかけた方にこそ見ていただきたい記事になります。

 

まとめ

 

わかってる人はブラウザ閉じちゃって大丈夫です。

1つずつ解説していきます。

 

馬券は買った時点で負けている

競馬のオッズはパリミュチュエルによって決まっています。パリミュチュエル方式についてはWikipediaが詳しいのでそちらをご参照ください。

パリミュチュエル方式 - Wikipedia

どういうことかというと、10人で10個入りのアメちゃんを分けようとしたら2個パパに食べられちゃった感じ。

 

これが控除率と呼ばれて、馬券の種類にもよるけどだいたい20〜30%程度胴元が持っていきます。回収率75%でトントンと言われるのはこの辺ですね。だいたいの馬券は控除率に収束するとかしないとか。

 

馬券を買わなければ負けないっていうのはそういうことです。

 

馬券を買わないで儲けるのが勝ち確

馬券を買う行為がそもそもリスクなので買わない方がいいに越したことはない、でも馬券を買わなくても儲けられる方法があるんですか??

 

どういうことかというと情報を売りましょう。

レースの予想を打ったり、ノウハウを本に書いて出版したり…有料で予想を売ったり馬券の本を出版してる人は勝ち組です。馬券を買うリスクを取らなくても儲けられるので。

 

ただ前述のとおり馬券は基本的にパリミュチュエル方式で売られていますので、当たった人が少ないほど(=人気薄であるほど)自分の取り分が多くなります。もし僕が馬券でバチボコに勝てていたらわざわざ自分の手を明かしてオッズを下げる行為はしませんけどね。

 

ネットで調べて出てくるような"馬券で勝つ方法"では勝てない

ここまで読んだ方ならなんとなく察しがつくことでしょう。日本語が怪しくなってきますが、そんじょそこらに転がっているような"馬券で勝つ方法"では勝てません。なぜかというと簡単に手に入るような馬券で勝つ方法がある程度織り込まれた上でのオッズだからです。

サウスヴィグラスという馬がいて、その子どもはまあダートでしか走らないんですよ。その情報が周知の事実となった近年の競馬シーンではサウスヴィグラスのダート替わりを全部買っていたら勝てません。そもそもサウスヴィグラス産駒が芝を走ることが少ないしサウスヴィグラスが死んじゃったので産駒もそんなにいませんしね。

 

お金ではなく時間をかけろ

人気薄を根拠もって買うためのたった一つの方法はこれしかないと思っています。レースを見て不利を受けた馬、コースの良くないところを走った馬、馬の適性を見抜く、これを地道に続けていくしかないと思います。

逆にいえば長期的に見て勝つためにはこれくらいのことをするか、あとはAIに頼るしかないのではと。

 

 

おまけ:的中率と合成オッズ

そうは言っても買った馬が毎回来るとは限らないので的中率×オッズが1倍を超えるような買い方をするのは気をつけたほうがよさそう。

例えば単勝1.8倍の馬を買い続けるなら的中率は56%ぐらいないとプラスにはならないし、実際は単勝1.8倍の馬の勝率って45%ぐらいなんですよね。難しい。

リングフィットRTAに休憩が導入されました

情報は積極的に発信していかないとアップデートされないのでわざわざブログに書きます。

発言力がある人が憶測で発言する→憶測であることが除かれて拾われる、のコンボで事実は容易に捻じ曲げられるので。

f:id:kirsch-jug:20210405081134j:image

というわけで2021年3月ごろ、リングフィットアドベンチャーRTAに休憩ルールが導入されました。今回はその経緯についてまとめていきたいと思います。

 

リングフィット アドベンチャーのRTAは正攻法の脳筋プレイしか認められない→命を守るための議論や交代制度が流行中 - Togetter

2019年11月のtogetterがまだ検索の1ページ目に出てくるのは謎ですが、なによりも"命を守る議論"と言われるとキャッチーですよね。そこから1年半かかりましたがついに決着がつきました。

 

事の発端

Concerning 100% - Forum - Ring Fit Adventure - speedrun.com

休憩ルールについて具体的な議論が最初に出たのは2020年3月ごろでしょうか。

そこから休憩がルールとして認められるようになるまでに1年かかりました。3割ぐらいぼくのせいです。

 

注釈:休憩ルールがなかった頃の休憩はタイマーを止めなければ大丈夫でした。今回のルール化によって"タイマーを一時停止した状態"での休憩が認められた形になります。

 

1年かかった理由

ひとことで言えば言語の壁です

Ring Fit Adventureのspeedrunは走者の大半が日本人なんですよ。特に長時間かかる休憩が必要なカテゴリー。

ただmoderatorに日本人がいなくて英語でしかメッセージを送れず、特に日本人のコミュニティがあるわけでもなく、さらに英語を読もうとしなくてまあひどい有様で。

 

具体的にどういう事かというと

・moderatorからの指示を聞かない

・ルールを読まない(Google翻訳すらしない)

・ルールを独自の解釈をした挙句(正しくない)大手のウェブサイトで記事を公開する

 

→ぼくがモデレーターになって日本語ルールを記載したので言語の壁による意思疎通ができない部分については改善が見込まれます

 

f:id:kirsch-jug:20210405120627j:image

モデレーターのshredberg氏から休憩についてDMで聞かれたのを数ヶ月放置していたのは完全に自分が悪いんですけどね。日本人コミュニティ、そんなものはないんです(みんな手を見せたがらない)

 

今後の展望

休憩ルールが導入された事により走者の負担は大幅に減少することが見込まれます。

具体的には疲労や血糖値の低下による判断能力の低下、これが改善されるだけで数分変わるんじゃないでしょうか。まあ休憩ルールありでちゃんと休憩しながら走った人がまだいないので想像の域は出ませんが。

 

唯一懸念している点は「休憩なしで走ったほうがすごい」とか言い出す人がいないかどうかというところでしょうか。休憩しようがしまいがタイムが早い方がすごいのがspeedrunじゃないですか?(それを言い出したらコインランでコインを全部取って100%RTAを完走した方がすごくない?ってなっちゃうので)

 

以上、この記事がちゃんとGoogle検索に引っかかり求めている人の目に留まることを祈ります。

 

らーめん おうか

f:id:kirsch-jug:20210403171157j:image

柏のらーめん おうかにきました。

 

柏駅西口から歩いて5分くらい。西口降りたら左方向、高島屋とは逆方向に歩いていくと近いかと思います。

 

ラーメン中盛(しょうゆ)と生玉子をプッシュ。

 

並びのルールは先に食券を買う感じで。入り口右側の列に接続して食券を買ってから左側の列に接続するのが良さそう。入店時に食券を渡して着席、その後厨房から呼ばれたらコールしてラーメンを受け取ら感じ。なんかフードコートみたいですね。

f:id:kirsch-jug:20210403172209j:image

一応店前に掲示があったので貼っておきます。

 

f:id:kirsch-jug:20210403172522j:image

らーめん おうか / ラーメン中盛(しょうゆ)300g + 生玉子

ニンニクアブラ玉ねぎ

 

玉ねぎは無料だったのでコールしたらめちゃくちゃ盛られてびっくりしました。生で荒めにみじん切りされたザクザクとしたやつ。めちゃくちゃ辛くて口の中全部タマネギになってました。コールしなくて良かったかも。

 

スープは乳化度高め、粘度高めのブタエキスガッツリ効いた美味しいやつ。豚骨感と醤油のニュアンスは九州の方のラーメンを彷彿とさせるもの。味噌ラーメンにしたら化けそう。

 

ヤサイはヤヤシャキ、キャベツがデカくてなんか嬉しくなりますね。スープが薄まっちゃうので初手天地は微妙かも?とはいえ初手ヤサイをのんびり食べてると麺がスープを吸っちゃうので難しいですね。

 

ブタはでけえ。繊維質でちょっと硬めのやつ、でけえ。1枚でも十分な満足感があり、ブタ増ししなくて正解でした。

 

f:id:kirsch-jug:20210403183540j:image

というわけで麺です。

この系のラーメンの割には結構細め、初手ヤサイ食べてから引っ張り出したらスープ吸ってべちゃっとしちゃって難しいですね。スープの圧も強めなので生玉子との相性も微妙…

麺量は300g、麺細めでスープをよく吸ってて体感めちゃくちゃ多いです。350gぐらい?最後久しぶりに苦しくなってました。

 

 

ごちそうさまでした。

 

スープはうまいんだけど麺との組み合わせが微妙で。味噌ラーメンも美味しそうなんだけど麺200gでいいかなあ…とか。

ラーメン二郎 横浜関内店

f:id:kirsch-jug:20210330193329j:image

ラーメン二郎 横浜関内店に来ました。

関内駅北口から歩いて5分ちょい、デカい道路は地上を渡るのがおすすめ。地下歩道は文字通りのYOKOHAMA UNDERGROUNDなので。

 

小ラーメンとニラキムチをプッシュ。

 

並びのルールは要確認、入り口横に3人、残りは道路沿いに。赤いコーンは空けて並ぶのが良さそう。

到着したらまず待ち列に接続、前の人が食券を買ったら順番に列から抜けて食券を買いに行きましょう。前の人が食券買ってるような雰囲気を醸してたりするのでそこはうまく感じ取りましょう。

待ち列で麺量確認あり。店員さんに食券見せるタイミングで麺少なめは申告しましょう。コールは着席直後だったり提供直前だったり。どうやらベニ(紅生姜)がコールできるみたいです。限定のアレはTwitterを要チェック。

 

f:id:kirsch-jug:20210330194159j:image

ラーメン二郎 横浜関内店 / 小ラーメン(豚2枚) + ニラキムチ

ニンニクアブラ

 

アレがカレーのやつで流石に今回は違うなあとか。

 

スープは微乳化、ブタエキスの甘さが際立っていて美味しい。しょっぱくなくて無限に飲んじゃうので危険。温度もちょうどいい塩梅ですよね。

 

ヤサイはクタめ、ノーコールにしては量多めかも。ニラキムチはいろんなところで食べてきたけど1番無難。そこまで辛くなく癖も強くなくタマネギの甘さで美味しい。アブラがニラキムチの下に敷かれてるとアブラニラキムチができてほんとに美味しいんですよ。

 

ブタはホロホロにとろける神豚、見た目のインパクトほど量は多くないので小豚にしても美味しく食べられそう。

 

f:id:kirsch-jug:20210330195644j:image

というわけで麺です。

表面ツルツルのやや細めの麺は茹で加減ややカタメ。噛むとややポキの食感で美味しいんだけど自分はゴワワシとした麺が好きなので…

麺量は270gぐらい。なんか妙に少ないような気がしたのはロットのせいでしょうか。

 

 

美味でございました。

 

並ぶ二郎といえば関内、ただこうなんというか並びの列の長さと好みかどうかは必ずしも比例しないのが難しいところ。 待ち時間長くて行くのが面倒になっていた横浜関内店、汁なしはマストなんだけど次行くのはいつになることやら。

麺屋 鳳

f:id:kirsch-jug:20210324193110j:image

西新井の麺屋 鳳にきました。

西新井駅東口を出て左方向、線路沿いを歩いていくと近いかも。駅から5分かからないくらいです。

 

普通盛と生たまごをプッシュ。

店内の自販機で黒烏龍茶もプッシュ。

 

今回待ちなしで着席出来たのでルールとかあんまりわかんなかったです。コールは券売機横に張り紙がありました。

オペレーションを見ている感じだとロットの概念は無さそうなので入店時食券かなーとか。

 

f:id:kirsch-jug:20210324193704j:image

麺屋 鳳 / 普通盛 + 生たまご

ニンニクアブラ

 

スープは乳化度高め、ブタエキス強め。見た目よりライトで結構飲んじゃいますね。序盤は割とうす味なので初手天地かカラメは選択肢に入ってきそう。ニンニクがカラメで混ざると一気に雰囲気変わっていいですね。

 

ヤサイはややクタ、キャベツ多め。芯の部分も煮込まれて柔らかくなっていていいですね。アブラは味付きではないのでそのままだとちょっと物足りないかも。量はコールしないとまあ普通でしょうか。

 

ブタは繊維質、やや硬めだけど歯切れが良く素材の味強めで美味しい。ヤサイの下にブタがいるパターンなんだけど思っていたより多くてなんか得した気分。4切れぐらい入っていた気がします。

 

f:id:kirsch-jug:20210324194511j:image

というわけで麺です。

 

平べったい麺はやや硬めの茹で加減、ポキポキとした食感。味と香りはいつもの美味しいやつなので生たまごを頼んだのは正解。結構長いので汁はねには気をつけてください。

麺量は普通で240g、普段300gの麺ばっかり食べてるとほんとにあっという間。満腹感以上に満足感あるのは◎。

 

 

美味でございました。

 

昨今の情勢を鑑みて昼営業しかしてなかったけどつい最近夜営業を再開したみたいです。Twitter見てたら店主が相当メンタルやられてたみたいで難しいですね。

ばんえい記念現地観戦レポートその6〜2年ぶり〜

f:id:kirsch-jug:20210322212844j:image

というわけで2021年、第53回ばんえい記念を観戦しに2019年ぶり2回目の帯広競馬場に行ってきたのでレポートいたします。

 

f:id:kirsch-jug:20210322213447j:image

というわけで帯広競馬場です。

2年ぶりに来ましたが、前回からの大きな変化といえば1Fの口頭窓口が廃止されて自動発売機が増えてたぐらいでしょうか。(例の紙馬券が買えないのはでかい)

逆にいえばその他の部分は2年前とほぼ変わらず、いつもの帯広競馬場は実家のような安心感。

 

雪の中初手ビール

f:id:kirsch-jug:20210322212752j:image

ビールはもちろんサッポロクラシック。ただの生がサッポロクラシックなのはさすが北海道。

車で来たらこれはできないし競馬場には公共交通機関で来たい理由の一つがこれ。

 

帯広競馬場といえば

ふれあい動物園ですよね。

今回もしっかりニンジンあげてきました。

やっぱばん馬でけえなあ。

 

馬券のはなし

土曜までいい天気で馬場水分が1.0%台でウキウキしながら帯広来たら日曜だけめちゃくちゃに雪降ったのはなんだかよくわかんなかったです。

 

というわけで馬場水分は2.5%からスタート、前半戦は後ろからは何にもこない展開に。

 

f:id:kirsch-jug:20210322214009j:imagef:id:kirsch-jug:20210322213956j:image

逃げ馬当てクイズならまかせろ〜〜

 

というわけで早めに勝ち確を決めてばんえい記念まで馬券を買わずに観戦。馬券で勝つ方法は全レース買わない事って無限に言われてますからね。自分が馬券買わなくなったら差しも決まり始めてほんとにわかんなかったです。

 

というわけでばんえい記念

f:id:kirsch-jug:20210322214900j:image

馬券はこんな感じ。

応援する馬券と考えるのを諦めた馬券とまじめに穴を狙う馬券。

 

ばんえい記念の予想のポイントとしては、年始の帯広記念の結果は直結しやすい印象。やはり高重量をしっかり第二障害で持ち上げられるかどうかは重要なので。あとは馬場水分は重要でしょうか。馬場水分から勝ちタイムを予想して、そこからどの馬が一番来やすいかを逆に考えていくか…的な。

 

というわけで短評を載せておきます。

写真は撮れた馬は貼っておきます。

◎コウシュハウンカイ

f:id:kirsch-jug:20210322220905j:image

障害を上げるパワーは一番、なんだかんだで毎年1番に障害は上げてますよね。帯広記念はゴール直前で止まっちゃったのがほんとに痛い。馬場水分2.7%で最後の直線を誤魔化せそうだし展開は1番向きそうですよね。

 

○オレノココロ

f:id:kirsch-jug:20210322220920j:image

この馬の勇姿を最後に一目見ようと大勢のファンが帯広競馬場に駆けつけたんですかね。僕もその1人です。

とはいえ馬場水分2.7%はやりすぎ。ある程度のポジションで第二障害おろせないと厳しいし障害降りてからも他の馬が止まってくれないと…と最後の最後に運が向いてなかった感。さすがにゼンツは出来ないし印も下げました。

 

▲ホクショウマサル

f:id:kirsch-jug:20210322220949j:image

枠順決定?のあたりで1tのソリを引かせる練習をしてたとかってコメントが出たので帯広記念出てない組ならこれかなあとか。

ただ序盤は早くない印象なので第2障害でコウシュハウンカイがサッと上げちゃうと差し損ねるのでは…とか。

 

メジロゴーリキ、センゴクエースf:id:kirsch-jug:20210322221102j:image

ここまで抑え。

 

☆キタノユウジロウ

人気一角を崩すならこの馬。

帯広記念がほんとに強い。オレノココロ相手にあそこまで食い下がったのはまぐれではなさそう。

 

ファンファーレを撮るためのポジション。

 

というわけでレース結果はご存知の通り。

 

コウシュハウンカイ、今年はついにもらったかと思いましたがマサルさんの末脚は恐ろしいものがありますね。ほんとに1tの荷物引っ張ってるのかな?的な。

オレノココロはなんかこう第二障害下ろした時点で勝てなさそうだなーになってました。おれが現地観戦行くとオレノココロ負ける説は今のところ100%で険しくなりますね。

大滝アナウンサーの実況も力が入っていてほんとによかったです。現地観戦の熱気、特に第二障害の全身に力が入る感じはネットでは味わえないなーと。

 

以上、長くなりましたがレポートは終わりです。

久しぶりの現地観戦はやっぱりいいですね。今年こそは普通に現地観戦できるようになってくれることを祈ります。